廃車の手続きと費用

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廃車手続きの費用は、手続きの種類によって変わってきます。永久抹消登録、一時抹消登録、解体届出、このうちどれを選ぶかによっても費用が変化します。永久抹消登録とは、登録されたままの状態で車体を解体し、その後に行う登録のことを指します。一時抹消登録とは、現在の車を今は乗らないがいずれまた車検を取って乗りたい、あるいは乗りたい人が見つかった時にはその人に譲って乗ってもらいたい、そのために解体はせずに登録だけを一時的に抹消したいという場合です。解体届出は一時抹消登録後に車体を解体し、その後に行う申請のことを指します。

永久抹消登録と一時抹消登録の場合

永久抹消登録は、車をいずれ解体することを想定して行うものです。つまり、手続きをした車には二度と乗ることはできません。修理不可能な車や、ボロボロに壊れてしまった車、あるいは水没車や長年乗って走行距離の多すぎる車などがこれに当たります。自然災害で車がどこかに流れてどこに行ったのかわからないという場合にもこの申請をすることになります。もし登録しなければ、毎年自動車税を支払うことになります。車検が残っている場合は、重量税が月割りで戻ってくることもありません。
反対に一時抹消登録は、一時的に乗らなくなるだけでまた機会があれば乗るという意思があります。こういう時に登録しておくと、一時的に廃車状態にすることができますので、自動車税を支払う必要はありません。もし、一時抹消登録後しばらくして結局乗らないという決定をした時に初めて解体届出を出すことになります。

解体届出の場合

解体届出を自分で行う場合、費用は掛かりません。まず、業者に依頼する時に必要な書類は、車の所有者の認印のある委任状、登録識別情報等通知書、あるいは一時抹消登録証明書、移動登録番号と解体報告記録がなされた日のメモ書きが必要になります。費用としては廃車手続き代行料などがかかりますが、この金額は依頼する業者によって変わってきます。次に自分で手続きをする場合の必要書類は、所有者の委任状、登録識別情報等通知書、あるいは一時抹消登録証明書、移動登録番号と解体報告記録がなされた日のメモ書き、手数料納付書、永久抹消登録申請書および解体届出書が必要になります。なお、この届出に関する費用は掛かりません。また、車検が一ヶ月以上残っている場合は、所有者のマイナンバーカードまたは通知カード、重要税還付金を振り込んでもらう金融機関情報、重量税還付金の受領権限に関する委任状、代理人がいる場合は代理人の身分証明書と印鑑が必要になります。これらのことを行うことで、月割りの重量税が戻ってきます。

ピックアップ記事

キャンペーンで廃車費用を安くする

車を車買取業者に依頼して廃車にしようとするときは、いつでも良いというわけではありません。時期によっては特典としてポイントをもらえたり、中には現金がもらえることもあります。それがキャンペーンをしている期...

レッカー費用をおさえたい廃車手続き

自分の車を廃車にしようとするときに、その車がまだ走るのなら問題はありません。しかし、走らないほど壊れている場合やバッテリーが上がってしまって動かない場合は、レッカー車を頼んで移動させる必要があります。...

廃車の手続きと費用

廃車手続きの費用は、手続きの種類によって変わってきます。永久抹消登録、一時抹消登録、解体届出、このうちどれを選ぶかによっても費用が変化します。永久抹消登録とは、登録されたままの状態で車体を解体し、その...

廃車の相談と費用

廃車に出すときに、どのような流れで行えばいいのかが最初の疑問になります。廃車をしてくれる場所は色々ありますが、例えば車の販売店に持ち込むにしても、なかなか敷居が高いのではないでしょうか。また、どれくら...


必要なこと